2018年12月9日日曜日

ARTEX "蜃気楼"











DRT初の底物ロッド
キャスティングでのディープエリアJIG&TEXASをメインにテスト。
7ftオーバーと長尺ですが有効レングスは6ft後半のジグロッドと同等、
グリップは長めに調整し操作性とキャスティング性能を兼ね添えたセッティング。
ボトム系ロッドでは異色のスパイラルガイドセッティング、
スラックシェイク〜低負荷時のバイト感知能力を上げ、
スパイラルセッティングにより一瞬入るティップの"スキ"が
ショートバイト弾き対策に。

同番手の低足ガイドをズラっと並べチョークガイドからバット元ガイドへの
急激な番手UPにより瞬発的な突っ込みやトルクロスを最小限にとどめブランクスの
リフティングパワーを最大限に発揮します。

(5kg空中リフト時のベンドカーブ)


リールシートにはDRTオリジナル新型"DFPCS"を採用
(DrtFullPalmingCastingSeat)
トリガー部分はほぼ垂直に薄く仕上げ
癖、違和感のないシートを目指し作りました。

エンドグリップにはVARIALGRIPを搭載。
(バランスウェイトは入れてません)

ウェイトキャパはmax4.5oz、ヘビ〜ビッグルアーへの対応も可能。


ARTEX "蜃気楼" 
7.2ft XH MODF(モデレートファーストアクション)
luremax4.5oz  linemax30lb
純国産DRTオリジナルブランクス
Fujiオールチタンガイド
グリップ着脱可能(仕舞い寸法1810mm)
ロッドケース/ステッカー/保証書

¥71000(taxout)












2018年12月2日日曜日

DTK13

お待たせいたしましたTiNYKLASHカスタム

"DTK13"

のご紹介です


イベントでよく聞かれました、TiNYKLASHとは中身も別物です。


一番苦労したのは飛行姿勢の問題でした。

ウェイトをフロント側へ集中させ、
一部ウェイトを固定せずにフリー重心移動としています。
その為、飛行バランスを崩してもウェイトボールが適正な位置へと矯正してくれることによって安定した飛距離を確保することが出来ました。

潜行角は急になり、浮上時はボディがしっかり折れ曲ります。

1ピースモノの重心移動型マグナムクランクには飛距離的に及びませんが
急潜行型なのでフルキャスト時にはしっかり4m越えの深度を確保します。

現行TiNYKLASHへDTK13用LIPは移植できますが内部構造が違う為、
キャスト時にクルクルと回転してしまいます。


リップラップやウィードエリアでのオカッパリクランク

琵琶湖
"リップラップの根元"を狙うような釣りで
手返しよく探るためには4mクランクがベーシックな選択だったと思います。
そういった釣りを更にディープに攻略できるよう産まれたのがこのDTK13です。

レギュラーサイズのクランクベイトではある程度キャストしなければ
当てれなかった根元も急潜行型の為、
ショートキャストで楽に根元を攻めることが出来ます。
大きなシルエットの為にリップラップにも喰われにくく、
ロングキャストの必要もない為
人がヅラっと並んでるような人気エリアでも繊細に攻めることが出来ます。

浮力はTiNYKLASHのLowとHiの間です。

アクションはかなりのハイピッチでウィードエリアやリザーバーなどでも
少ない移動距離でしっかりアピールします。

横だけでなく、上下の追尾チャンスが増える為
時期〜エリアによって縦移動、浮くもの沈むものに反応しやすい魚に
おいても有効なルアーとなりました。


特に低水温な時期〜春など、浮上時の変化に集中してください。





"Lemonade"



"Bella"



"DeepPurple"

2oz class

¥5300(taxout)

12月末発売予定